臨床検査科このページを印刷する - 臨床検査科

臨床検査には患者さまの血液や尿、あるいは組織を検査する検体検査と、患者さまに直接触れて検査を行う生理検査があります。検体検査は現在7名・生理検査には4名、総勢11名で病気の診断だけでなく、治療の方針を決める手助けをしています。 

 

臨床検査とは
 

人間の感覚を主体にした情報だけでは、すべての病気の診断を付けるのは困難であり、治療をする上でも患者さまのからだの状態を知らなければなりません。
そのために患者さまの体液中に溶けているいろいろな物質を測り、目に見えないからだの中の詳細な状態をのぞいたりして、科学的・物理的に時に形態学的に観察しからだの状態を把握し、病気の診断や治療に役立つよう検査するのが臨床検査です。

 

ひとこと
 

当検査科では、病理検査では術中の病理診断を琉球大学医学部と提携し、テレパソロジーで行っています。検査(送信側)には細胞検査士(日本臨床細胞学会認定)が対応しより専門性の高い知識と技術で対応しております。
 

超音波検査は心臓、血管、腹部を行っています。検査には超音波検査士2名(日本超音波医学会認定)が対応しています。
 

脳波検査、新生児聴覚スクリーニング検査、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っています。
 

詳しくはこちら