神経小児科このページを印刷する - 神経小児科

神経小児科からのお知らせ

【2019年4月1日更新】

 

 

STAFF

神経筋難病の方や障害児(者)の明日が今日よりいい日であるように医学の進歩を目指して診療にも研究にも力を注いでいます

 
臨床研究部長・療養診療部長(併任)
金子英雄

主な所属学会・資格

日本小児科学会代議員・専門医
日本小児科学会東海地方会幹事
日本人類遺伝学会
臨床遺伝専門医

第二神経小児科医長 
矢野 充

主な所属学会・資格

日本小児科学会専門医
身体障害者福祉法第15条指定医師
「子どもの心」相談医
日本小児科医会
日本重症心身障害学会
日本東洋医学会

 

 

 
第一神経小児科医師(非常勤)
安藤恵美子

主な所属学会・資格

日本小児科学会専門医
日本小児科医会
日本小児神経学会
日本自閉症スペクトラム学会

第一神経小児科医師(非常勤)
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科 教授
加藤善一郎

主な所属学会・資格

日本小児科学会代議員・専門医
日本小児神経学会評議員・専門医・指導医
日本人類遺伝学会評議員・専門医・指導医
日本シャペロン療法研究会
Asian & Oceanian Child Neurology
Association
 

 
第一神経小児科医師(非常勤)
岐阜大学大学院医学系研究科障がい児者医療学 特任准教授
西村悟子 

主な所属学会・資格
日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・認定臨床医
日本小児精神神経学会認定医
「子どもの心」相談医

 

第一神経小児科医師(非常勤)
渡邊宏雄

主な所属学会・資格等

日本小児科学会専門医
日本てんかん学会専門医指導医
日本小児神経学会専門医
身体障害者福祉法第15条指定医師
 

 
第一神経小児科医師(非常勤)
中村 仁

主な所属学会・資格

日本小児科学会専門医
日本小児科医会
日本てんかん学会
日本小児神経学会

 
 

対象疾患

平成21年4月より一般小児科から独立し、小児神経・筋疾患、小児てんかん、発達障害などの診療を行っています。当院の小児神経の歴史は古く、当医療センターの前身の旧国立療養所長良病院時代の昭和42年以降、重症心身障がい児と筋ジストロフィーの病棟が開設されたことにさかのぼります。これまで岐阜県の障がい児(者)医療に貢献してきた実績などをこれからの診療や研究にも生かしていきたいと思います。

 

概要 

●診療体制

 
  • 外来

    小児の神経筋疾患、てんかん、発達障害の診療は予約制で診療を行っています。
    また自閉症などの発達障害については非常勤の専門医師と協力し診察を行っています。
    予約診療および診察日以外の受診は対応できないことがありますので、受診前に一度、予約電話受付 058-232-2800(平日8時30分~17時15分)にお問い合わせください。
    また、発達遅滞や障がいをもった児に対しては、理学・作業・言語療法にも力を入れています。
     

  • 専門外来 

  神経:ギランバレー症候群や小脳失調症などの急性疾患やてんかんなどの慢性疾患に対応します。
  筋:デュシェンヌ型筋ジストロフィーやベッカー型筋ジストロフィー、福山型筋ジストロ
    フィー、筋強直性ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症などの診療を行っています。
  発達障害:自閉症スペクトラム障害や多動症などの発達障害の診療を行っています。
  重心:重症心身障がい児(者)やその在宅医療の支援を行っています。
  その他:臨床心理士による知能検査や心理カウンセリングも行っています。
     

 

  • 入院

    重症心身障がい児(者)病棟、療養介護病棟(筋ジストロフィー症病棟)で長期入院の治療・療育・リハビリを行っています。
    またショートスティも随時受け付けています。

     

●治療方針
 

てんかん、小児神経疾患、脳性麻痺、筋ジストロフィー症の専門施設として治療にあたっています。特に筋ジストロフィーに関しては、筋ジストロフィー臨床試験ネットワーク(MDCTN)に加盟し、Remudy登録や臨床試験への積極的な参加を行っています。

 

●得意分野・その他


 

1)遺伝的背景の異なる多数の患者iPS細胞を用いた脊髄性筋萎縮症の新規治療法の開発
2)West症候群におけるACTH療法最適化への提言
3)Duchenne型筋ジストロフィーの生命予後改善に関連する因子に関する研究
4)筋強直性ジストロフィー治験推進のための臨床基盤整備の研究
5)長期経管栄養下の神経筋難病患者に認められるカルニチン欠乏症の頻度とそれに対する治療効果の検討
6)TRPV2阻害薬の筋ジストロフィー心筋障害への有効性・安全性評価
7)遅発型ポンペ病患者ハイリスクスクリーニング調査研究
8)重症心身障害者の深部静脈血栓症に対する横断研究およびワルファリンとエドキサバントシル酸塩水和物の多施設共同非盲検ランダム化比較試験
 


●診療・その他
 

初診の診察時には予約をしていただき、かかりつけ医等の紹介状をお願いいたします。現在、多くの患者さんが受診しておりますので、受診までの予約および診療までの待ち時間が長くなることもありますのでご了承ください。

 

●研修希望の先生へ

 

当院神経小児科では、チーム医療の一環として国立病院機構鈴鹿病院神経内科の久留聡先生をお招きし、筋ジストロフィーサポートチームによる診察を行っています。チームは医師、研究者、看護師、理学療法士、薬剤師、臨床検査技師、放射線科技師、保育士、児童指導員、臨床心理士、管理栄養士、臨床工学技士などの多職種から構成され、多方面から筋ジストロフィーの患者さんを支援しています。
臨床研修を希望される方を対象にサポートチームのミーティングへの参加などを行っていますので、お気軽にご連絡下さい。以下が大まかなスケジュールですがご希望に合わせて適宜変更が可能です。

8:30-9:00   小児系カンファレンス
9:00-11:00   神経小児科外来の見学(発達障害など)
11:00-12:00 重心病棟の見学
12:00-13:00 ランチ
13:00-14:00 筋ジストロフィーサポートチームのミーティング
14:00-15:00 筋ジストロフィーの勉強会など
15:00-16:00 筋ジス病棟の回診
16:00-16:40 臨床研究棟の見学
16:40-17:00 質問など